解体工事の粉塵でトラブルが起きたらどうする?トラブルやクレームへの対処法を紹介

未分類

解体工事をすると近隣の住宅へ粉塵が飛散するため、クレームがきてトラブルになることがあります。

近隣住民からのクレームが発生してトラブルになった場合はどうすればいいのでしょうか。

このページでは、解体工事の粉塵によるトラブルやクレームへの対処法をご紹介します。

万が一近隣住民から解体工事についてのクレームが入ってトラブルになった場合は、これからご紹介する2つのポイントに気をつけて対応しましょう。

クレームを無視しない

解体工事の粉塵でクレームがきてトラブルが起きたら、近隣住民からのクレームを無視することはやめましょう。

無視して解体工事を続けていると、近隣住民のストレスがさらに溜まり、クレームがどんどん大きくなってしまいます。

行政書士からの指導が入って解体工事を中止させられてしまうことがあります。

最悪の場合、裁判や損害賠償といった大きな問題に発展してしまう可能性があるのです。

近隣住民からクレームが入った場合は無視しないで、すぐに業者に相談してクレームに対応してもらいましょう。

トラブルに迅速に対応する

クレームがきてトラブルになった場合は迅速に対応することが大切です。

クレームがきたらすぐに解体業者に相談しましょう。

すぐに対応できるのであれば、即日に解体業者に対応してもらって近隣住民へお詫びするというのが理想的です。

クレームにすぐに対応できないと、近隣住民の不満はどんどん大きくなってしまいます。

先ほどご説明したように解体工事を中止しなければならなくなることもあります。

トラブルを最小限に抑えるためにも、クレームがきたらすぐに解体業者に相談して、迅速に対応しましょう。

トラブルの防止対策が必要

トラブルを未然に防ぐために、防止対策をしましょう。

主な防止対策には下記の3つがあります。

  • 近隣住宅への挨拶回り
  • 養生シートの設置
  • 散水

解体工事をする際は、前もってこれらの防止対策をして、トラブルを未然に防ぎましょう。

まとめ

ここまで、解体工事の粉塵によるトラブルやクレームへの対処法をご紹介しました。

解体工事をすると近隣の住宅へ粉塵が飛散します。

そのため、近隣住民からクレームきてトラブルになることがあります。 万が一近隣住民から解体工事についてのクレームが入ってトラブルになった場合は、クレームを無視せずに迅速に対応して、トラブルを解決しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました