解体工事で発生する粉塵が人体へ及ぼす悪影響

未分類

解体工事では粉塵が発生してしまい、この粉塵は人が吸い込むことになります。

解体工事で発生する粉塵は、人体へ悪影響を及ぼすことがあり危険です。

このページでは、解体工事で発生する粉塵が人体へ及ぼす悪影響についてご説明します。

解体工事による粉塵の人体への影響

解体工事では建物を壊していくので粉塵が舞ってしまいます。

解体工事で発生した粉塵が空気中に飛散すると、人が吸い込むことになり人体へ悪影響を及ぼすこともあります。

粉塵を吸い込んでしまっても、砂埃程度であれば多少吸引しても特に人体へ大きな被害が出ることはありません。

しかし高齢者や幼い子どもが吸い込んでしまうことには注意が必要です。

アレルギー体質の人が粉塵を吸い込んでしまうと、くしゃみなどのアレルギー症状が出ることがあります。

粒子が小さいものほど危険

粉塵には様々な大きさの粒子があり、吸引されて人体に入った粉塵は、粒子の大きさによって呼吸器の様々な部位に沈着します。

粒子が大きなものは鼻腔や咽頭で沈着し、粒子が小さいものは肺胞など呼吸器の深部まで到達し沈着します。

大気中から鼻や口を通って体に取り込まれる粒子を「吸引性粉塵」といいます。

この吸引性粉塵の中でも咽頭を通過して肺に向かう粒子を「咽頭通過性粉塵」といいます。

この咽頭通過性粉塵の中でも肺胞まで到達する粒子を「吸入性粉塵」といいます。

このように粉塵は小さいものほど肺胞など人体の奥深くまで到達するのです。

肺胞など人体の奥深くまで到達すると、「塵肺」など重大な病気を引き起こしやすくなります

「塵肺」とは、鉱物性の粉塵(無機粉塵)を長期間吸い込み続けることで、肺の内部に粉塵が沈着して起こってしまう病気です。

危険な粉塵「アスベスト」

危険な粉塵の例には「アスベスト」があり、吸い込んでしまうと大変です。

アスベストを含む粉塵を吸い込んでしまい体内に蓄積されていくと、人体への健康被害が出ます。

「塵肺」など重大な病気を引き起こすことがあり危険です。

まとめ

ここまで解体工事で発生する粉塵が人体へ及ぼす悪影響についてご説明しました。

解体工事では粉塵が発生してしまいますが、この粉塵は人が吸い込むことになります。

解体工事で発生する粉塵は、人が吸い込むと人体へ悪影響を及ぼすことがあるので危険です。

粉塵は粒径が小さいものほど危険で、危険な粉塵の例には「アスベスト」があります。

解体工事で発生する粉塵が健康被害を引き起こさないよう、粉塵が飛散しないようにするなど対策しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました