解体工事での粉塵トラブルの防止対策

未分類

解体工事では建物を壊していく時に粉塵が舞ってしまいます。

近隣の住民から粉塵についてクレームがきたりしてトラブルになることもあるのです。

このページでは解体工事での粉塵トラブルの防止対策をご紹介します。

養生シート

養生シートで囲うことによって粉塵の飛散を防止することができます。

一般的に解体工事をする際は解体工事の現場の周りを養生シートで囲います。

業者の中には、ところどころ破れているような養生シート使う業者もあります。

業者を選ぶ際は、破れているような養生シートを使わず、しっかりとした養生シートを使ってくれる業者に依頼しましょう。

散水

散水で水を撒くことで、粉塵の飛散を防止できます。

きちんと散水すれば、湿った粉塵はほとんど飛散しなくなります。

業者の中には、散水を行わずにそのまま解体工事をする業者もあります。

業者を選ぶ際は、しっかり散水を行ってから解体工事をする業者に依頼しましょう。

挨拶回り

挨拶回りをして近隣住民の方に解体工事についてお知らせすることで、トラブルを防止できます。

挨拶状を渡しながら、いくつかの家を回りましょう。

挨拶回りでは業者に同行してもらうことをおすすめします。

口頭で様々な質問をされることがありますが、業者がいれば安心です。

まずは右隣、左隣、向かい、裏の家を周り、粉塵が飛散する可能性のある家を回りましょう。

洗濯物

解体工事を行っている近くで洗濯物を干していると、洗濯物が粉塵まみれになってしまいます。

近隣住民の方へ解体工事中を行うことを伝えて、解体工事中には洗濯物を干すのを避けてもらいましょう。

解体工事を行っている近くに駐車してある車は、フロントガラスから前が見えなくなるくらいに粉塵が積もってしまうことがあります。

自宅に車を駐車しているお家にはシートを貸し出して車を保護してもらうことで対策できます。

解体工事を行っているあたりの家では、窓を開けていると部屋の中にまで粉塵が入ってきてしまいます。

全ての窓や扉を閉めきっていれば粉塵が家の中に入ってくることはないため、窓や扉を閉めてもらうようお願いしましょう。

まとめ

ここまで、解体工事での粉塵トラブルの防止対策をご紹介しました。

解体工事では建物を壊していく時に粉塵が舞ってしまうため、近隣の住民から粉塵についてクレームがきたりしてトラブルになる可能性があります。

前もって対策して、解体工事での粉塵トラブルを防止しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました